恋愛を叶える方法……直観力をアップしよう!

6月 17
facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail

恋愛を叶える方法……直観力をアップしよう!

人間の感覚は「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」の5種類とされていますが、身体的な「五感」のほかに、直感をつかさどる「第六感」があるという意見があります。
第六感とは「直感、勘、インスピレーション、ひらめき」などと解釈されるもので、科学的な解明にはいまだ至っていません。
動物的な感覚とも言うべき超感覚で、人それぞれに固有の感覚として備わっているので論理的な説明も定義も不能。その存在を否定する人もいます。
しかし、どのような理屈でも説明のつかない現象を示す人物の存在は実証されており、「第六感は存在する」としか言いようがない状況です。

第六感は男性よりも女性に強く現れる傾向があります。
恋愛を叶える「直観力」は、この第六感の一部です。いわゆる「勘」の力を開花させて運命の相手を見逃さずに、通り過ぎる人波から救い上げる。これが、恋愛を叶える直観力の意義なのです。

直観力を磨く方法……シックスセンスをどう開花させるのか

恋愛を叶える方法……直観力をアップしよう!

体を鍛えるならば筋力トレーニングやウォーキング、ジョギングをすれば、その日からでも努力を始められます。しかし、直観力(第六感)という目に見えないものを磨くにはどうすればいいのか。多くの方が迷われることでしょう。
直観力を磨く方法をご紹介します。

第六感を開花させるメソッド

・「自我」からの解放
毎日のライフサイクルの中に、頭を空っぽにする時間を組み込みましょう。これが頭脳と肉体という器を自我から解放する第一歩です。第六感は「自我」の外にあります。この習慣で、自分を第六感にゆだねる感覚を体に教えます。

・「現実」への回帰
自分に起こったすべての事象は「自分を起因として起こった出来事」つまり、自分が引き寄せた、さらに言えば自分が起こした出来事であり、たとえつらい記憶であっても他者の責任ではないのだと認める。これが自分を認めること、「現実への回帰」です。

・「自己」への回帰
自分と現実とのかかわり方を認識しなおすと、それまで否定していた自分が見えてきます。真の自己への回帰。これでようやく第六感の入り口です。

・「世界」への問いかけ
世界とは、自分を包む空間の広がりであり、また、誰かとのかかわりで生まれる対人関係の「縁」で形成された意識空間であり、また、自己の内面世界を意味します。
なぜ、どうして、という問いかけは、世界の境界から跳ね返って自己に響きます。
自己の内側に響く問いかけと、世界から跳ね返ってくる問いかけに魂を傾けましょう。

・「応答」への帰順
世界からの応答を受け入れられる「自己」を確立すると、第六感は「自己」を安定して取り巻くアンテナのような役割を果たすようになります。
揺るぎのない基準ができることで、変化やサインに対して鋭敏に働く「直観力」を発揮できるようになるのです。

科学的とは言いがたいメソッドですが、こうして直観力が開花すれば、論理的思考、建設的思考がより効率化します。
どうして目の前の出来事がそのような経過をたどっているのか、また、相手がそのような反応をするのか、地図を読み解くような俯瞰的な目を持てるようになるでしょう。
これは占い師やスピリチュアルカウンセラーに近い視点です。
もしメソッドをたどる中で思うような進展が見られないとしたら、障害になっている要素がある証拠です。先達として活躍する占い師、あるいはスピリチュアルカウンセラーにぜひご相談ください。

facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail