「お嫁さんにしたくない」と思われてるかも!? 結婚できない女性の特徴

12月 24
facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail

「お嫁さんにしたくない」と思われてるかも!? 結婚できない女性の特徴

現代日本では、一生涯結婚せずに終える割合が増えています。

結婚するとしても晩婚化が進んでおり、なぜ結婚できないのかと多くの男女が悩んでいるようです。
厚生労働省発表による平均初婚年齢は男性30.7歳、女性29.0歳。

2030年の予測としては、男性の3人に1人、女性の4人に1人が生涯独身になるという試算があります。
これは1955年から2010年までの生涯未婚率の推移を元に出された数字で、必ずしもその通りに世の中が動いていくとは限りません。
しかし、結婚が成立しにくくなっていることは事実です。現在20代、30代の男女にはそれを実感できる機会が少なからずあるはずです。

そうした状況の中でも、初婚年齢の記録を支える「結婚が成立した人々」がいることもまた事実ですので、結婚できる人、できない人の間に何かしらの相違点があると考えるべきなのだと思います。
生涯未婚率を上げているのは、人、社会、経済といった複合的な要因によるものです。

ただし、「結婚できない女性」と目される女性には不思議と共通点があるのだとか。
どのような共通点なのか分析してみましょう。

結婚できない女性の共通点とは

column03_02

セルフチェックでも判断しやすいように、3つの項目に分けてご紹介します。

経済的側面
男性の場合は経済的に自立できていないとそもそも結婚のチャンスすらなかなかめぐってきません。
しかし女性の場合は、経済的に自立していて、自由を謳歌している方ほど結婚しにくくなるようです。

経済レベルの高い男性は早いうちに結婚してしまう率が高いので、同じ生活レベルの相手を見つけるのが年々難しくなること、また、相手に求める条件がどんどん厳しく、限定的になっていくことがその要因と考えられています。

人間性
競争社会の中で、多くの人が余裕を失いがちです
相手を思いやり、尊重する気持ちを持ち続けられるかどうかは生来の資質に大きく左右されますが、目の前の相手を大事にしたいという気持ちの有無は伝わるものです。
コミュニケーションスキルなどではなく、人としての魅力が問われていると言っていいでしょう。

価値観
結婚は他人同士が生活を共有する契約です。
金銭感覚、物の感じ方、あらゆる物事に付きまとう「感覚」をすり合わせ、相互理解を確立するにはお互いの努力が欠かせません。

価値観の相違が大きすぎると、距離を埋めること自体が難しくなるため結婚生活は成立しないか、早期に破綻すると予想されます。
自立した生活を送っている男女は固有の価値観を育んでいるものなので、それぞれに価値観が違いすぎると思うケースが多いようです。

このようにして結婚できない女性の共通点を探っていくと、もしかしたら自分もそうかもしれない。
どうあがいてもこの状況から抜け出せないのかもしれないと思ってしまう方もいるでしょう。

しかし、あきらめるのはまだまだ早すぎます。
すべてがフィットする相手と出会える可能性は非常に小さなものですが、占いや守護霊メッセージ、カード・リーディングの技術を駆使すれば、人の立場では読み取れない情報も人生に取り入れられるのです。

新たな運命を引き寄せれば、3つの側面でぴったりフィットする相手を見つけられるチャンスも近づくかもしれませんし、自分自身の考え方が変わって、結婚だけが人生ではないと心から思えるようになるかも知れません。

「結婚したい。でもできそうもない」そんな風に途方に暮れた時には、占い師にご相談なさることをおすすめします。

facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail