幸せだからこそなの? 恋愛生活に悩みが付きまとう理由

3月 29
facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail

幸せだからこそなの? 恋愛生活に悩みが付きまとう理由

「恋愛」というと誰もが、なんとなく胸が温かくなるような切ない「しあわせ」な感覚を思い浮かべるのではないでしょうか。
誰か大事な人と一緒に過ごす充実感。思い合う幸福。満たされる交際関係は人生を豊かに彩ってくれます。
しかし、いざ実際に人と人とが交際するとどうしても思い描く理想の通りには進みません。必ず悩みが発生し、関係を続ける限り付きまとってくるでしょう。
お互いに想いを告げ合い、大事にしたいと思っているはずの間柄であるのにどうしてそのようなことが起こるのか、理由を考えてみましょう。
悩みの多くは放置していても解消されませんので、よろしければ皆さんもご参考になさって下さいね。

行き違いや悩みが産まれる理由は「考え方の違い」!?

破局を迎えたカップルへのインタビューなどで語られるケースが多い言葉として、「性格の不一致」がありますね。
考え方の違い、価値観の違い。
生活を律する重要な要素です。そこに埋めがたい乖離が存在すると、人はストレスを感じて快適な共同生活を維持できない傾向が強いのです。
そして、忘れてはならない要素として、男女の違いがあります。

身体の構造からして当然なのですが、男女は別の生き物だと言っていいほどの差異を抱えています。性差という範疇を越えて、それは社会性や思考回路の基本構造にまで及ぶのだと思って下さい。
つまり、ただ普通に生活する中でも男女で悩むポイントが違い、同じ絵を見てすら違う物を見ているというわけです。
存在として隔たりのある物、男女の間には埋めがたい溝が常にあります。もしも共存共栄しようと願うのであれば、深く広い川の両岸から手を伸ばし、お互いに理解し合おうと努力しなければなりません。

今、「彼のことが分からない」「何を考えているのか理解できない」と悩んでいる女性がいるとしたら、それは男性の思考回路を学ぶ必要がある証拠でしょう。
男性がどんな風に考え、悩むのか知っていただきたいと思います。きっと、違和感を抱いた時の突破口になるはずです。

男性はこんな時にこんな風に悩む!

幸せだからこそなの? 恋愛生活に悩みが付きまとう理由

なぜ女性が頻繁に用もないのに連絡を欲しがるのか理解できない
話が合わない
忙しい時にも電話の頻度が高いのはなぜ?
将来の不安を共有できない
スケジュールが合わない

男性は女性に比べて社会性に生きる性質が強く、限定した対象だけでなく広く浅い人間関係を築こうとする生き物です。
そのため、恋人に集中して関係を練り上げようとする女性に対して、息詰まるように感じてしまうケースが少なくありません。連絡頻度が高い女性に対して、男性は「暇なの?」「仕事は?」と思ってしまうのだとか。
そうして日常生活のサイクルが寄り添い難いと感じると、恋愛関係にストレスを感じて疎遠になってしまう。それが男性によくあるパターンのようです。

女性としてはもっとくっつきたい、自分のことを考えてほしいと物足りなく思うかもしれません。
ですが、恋愛関係は相手があってこそ。男性の望む関係性をよく考えて、二人それぞれの生活実態に即した「付き合い」を心がけるようにしてください。
そもそも連絡すらなくて相手の生活さえ把握できないという時には、共通の友人と話してみたり、占いで相手の行動を予測してみたりといった工夫がおすすめです。
情報を入手するチャンスすらない時にはどうしようもありませんので、今何が起こっているのか、「見えていない手がかり」を探り出す占いが有効な対策になるでしょう。

facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail