宝くじを当てて不幸になる人は

12月 17
facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail

お金があれば、生活に余裕が出て、

夢をかなえやすくなる事は確かです!

 

だけど、間違ってはいけないのは

お金があれば、必ず幸せになれる

わけではないということです☆

 

例えば、宝くじで大金を当てた人には

銀行から小冊子が渡されるそうです。

 

内容は、「大金を当てた興奮が

収まったら、まずは現実的になって

ローンの返済などを優先すること、」

なんていうことが書かれてあり、、、

 

つまり、大金を当てたことで

舞い上がってしまい、お金の

間違った使い方をして

 

かえって不幸になってしまう人が

たくさんいる、というのが

現実なのでしょう。

 

どうしても人に自慢したくなって

ちょっと口を滑らしたとたん、

いろんな人からお金を

たかられるようになったとか

 

いきなり会社を辞めて

知識もないのに起業して

大失敗したり、

 

お金の分配をめぐって家族や

親戚と大きなトラブルになって

一家離散、最悪自殺を

する人だっているのです、、、

 

しかし、きちんと管理して、

自分の人生のためにうまく大金を

利用して、幸せになった人も

もちろんいます。

 

そういった、

大金をつかんで不幸になる人と、

幸せのために使える人とは

何が違うのでしょうか?

 

☆想像してみてください。

あなたならびっくりするような

大金が手に入ったら、まず何に

使いますか?

 

もちろん、ローンや借金は返すとして

まずはちょっと「自分にご褒美」を

あげちゃうかな、、、、

 

そう思った人は、ちょっと危険かも。

 

いつも買っているお化粧品を

ちょっと高めの物でそろえたり、

 

車もちょっとグレードの高いものを

買ってしまったり、、、、

 

「自分は大丈夫、でもこのくらいは、」

と考えていると、どんどん「脳」がマヒ

していくのです!

 

段々と、自分に甘くなって

すべてのものに、

「この位はいいでしょう」と

感覚がエスカレートしてしまうのです。

 

これは「脳内麻薬」といって

普段よりも良いものを買ったときの

高揚感や幸福感が忘れられず

金銭感覚がマヒしてしまうため。

 

とりあえず、一年くらいは銀行に預けて

ゆっくりと使い道を考える、、、

 

そういった答えの人が、一番

大金を「使える人」なのかも

しれません☆

 

とにかく、大金を手にしたのに

人生を破滅させるような人は

「身の丈に合っていない」のです。

 

人は、自分の能力以上の

お金を持っていても、

うまく使いこなすことが出来ません。

 

お金に振り回されて、ほんの一瞬

夢を見て終わってしまいます。

 

自分の価値以上のお金は

実は不幸のもとなのです。

 

そう考えれば、

一億円当たったとしても

本当に「金運」が良かったとは

言えないでしょうね。

 

大金を上手く使える人は

金運の「器」が大きい人☆

 

その器は、コツコツと作り上げて

鍛え上げていくもの。いわば金運の

筋肉を育てるようなイメージ。

 

「棚からぼたもち」は

その棚まで行く努力をしたり、

狙いに行って受け取れるものなので

 

たまたま歩いていて、ポン!と

ぼたもちが落ちてきても、

うまく食べることができないのですよ☆

 

出典はこちら↓
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/1192617
毎日メルマガを無料で配信中!

占い&スピリチュアルサロン ”銀座エルアモール”では
完全個室でゆっくりとしていただける環境
での鑑定が好評です。
また、鑑定経験数が豊富な先生が多く所属しております。
①まずは、話やすそうな先生を選んで下さい。
カウンセラー紹介はこちら
②先生の予約状況、WEB予約はこちらから
カウンセラー一同、お会いできるのを楽しみにしております。


占い・鑑定 ブログランキングへ


スピリチュアル ブログランキングへ


開運カウンセリング ブログランキングへ

facebooktwittergoogle_pluspinterestlinkedinmail